戦争法強行から7ヶ月目の4月19日――西淀川区で10回目のドラムデモ

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイル 2016-04-19 19 52 12

  • 安倍政権が憲法違反の戦争法を強行してからちょうど7ヶ月目の4月19日。西淀川区で10回目の「戦争あかん!西淀川ドラムデモ」がとりくまれました(主催は同実行委員会・西淀川共同センター)。今回の会場は大和田中央公園。思い思いのプラカードやのぼりをもって104人が参加しました。参加されたみなさん、お疲れ様でした。
  • 集会では熊本地震の救援募金への協力が訴えられ、募金袋が回されました。募金は19,240円寄せられました。
  • DSCN1969情勢報告にたった北山良三・日本共産党衆院大阪5区国政対策委員長は、熊本地震の犠牲者に哀悼の意を表すとともに、救援活動を強めようとよびかけました。そして安倍政権に対して川内原発をただちに止めよと強く訴えました。戦争法をめぐっては2月に5野党(当時)共同で提出した戦争法廃止法案の審議を棚上げしている安倍内閣をきびしく批判。2千万署名の目標をやりきって国民世論で政府を包囲しようと呼びかけました。また、7月の参議院選挙1人区で野党統一候補が次々と広がっているもとで、野党共闘に恐れをなした安倍政権が党略的に解散総選挙をねらっているが、解散されれば受けて立つと決意を表明し、大きな拍手をうけました。
  • 医療機関ではたらく青年のUさんがマイクをもち、戦争法によって日本がテロの標的になり普通の生活ができなくなる。廃止するためにがんばりたいと決意を表明。民間保育所の保育士Nさんは、わが子や保育園の子どもたちが将来戦争にいくことのないように署名を集めている。子どもたちの大切な命をまもるためにがんばろうと発言しました。
  • 西淀川共同センターから、戦争法廃止2,000万署名が2万2500筆に到達し、目標の3万筆まであと7500筆だ、必ずやり抜こうと報告がありました。

DSCN1990

  • 今回のドラムデモは、公園を出発して大和田地域をひとまわりして公園に戻ってくるという約30分のはじめてのコースです。元気いっぱいのコールとにぎやかなドラムのリズムに、家から出てきて手を振る方、マンションのベランダからの声援など大きな反応があり、今回も大変元気のでるとりくみとなりました。

DSCN1994

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。